名刺の起源について

名刺の起源 名刺の起源として最も古い国は、中国です。7~10世紀の書物には、もう書かれていました。
当時は、相手の家を訪れた時に不在だった場合、木などでできた札に自分の名前を書き、戸口に刺しておくことで訪問した目印にしていました。その札を「刺」と呼んでいたので、「名刺」という呼称が生まれました。
次に古い起源を持つ国は、ドイツです。16世紀からあり、そこでも訪問した目印として名前入りのカードを置いておくという風習がありました。
その後18世紀になると、社交界では必須のアイテムとなり、使い方などのマナーも確立して行きました。
当時は豪華な柄入りの物が多く、特に銅版画を採り入れるのが流行っていました。そして、日本で使われだしたのは、19世紀に入ってからです。
といっても、当時は和紙に墨で名を書いただけの物で、これもやはり訪問した目印という使い方をしていました。
今のような使い方をされるようになったのは、幕末の頃からです。

名刺に一工夫で印象づける

名刺はビジネスでは欠かせない絶対的なアイテムです。今後のビジネスを進めていくにも重要な道具です。ですので相手に印象に残るように工夫したものがいいです。
印象に残らないものは単なる名刺で、相手と繋がる可能性が薄いです。そのためにも何等かの工夫をしておくのがビジネスチャンス拡大に必要です。
具体的には、名刺を少し凝ったものにするもので和紙で名前も自筆のような印字体で交換したものでその材質などで必ず質問してくるようなものや裏面に一枚すつ手書きでメッセージが書いてあるものなどともかく印象を深く刻むような努力があったほうがよいです。
何のとき交換した相手が、この内容のことを思い出して仕事の依頼が舞い込むこともあります。記憶に残らないところに依頼は発生することは絶対になく、目立つ工夫はするべきです。
たかが名刺とあなどらず、相手との高い好印象をもたらす重要なビジネスツールであることは常に頭においておくべきであると思われます。